【神棚をお祀りする場所】神棚を祀るときの高さとして、目線よりは上の位置に置くことがよいとされています。
向きは南向き又は東向きで、清浄で明るい場所がよいでしょう。

【お供えするもの】神棚にお供えする、お酒とお米・お塩・お水を神饌(しんせん)と呼びます。
お酒以外は毎日お供えし、毎月1日・15日とお祭りの日や何か目出度いことがあった日は、お酒や初ものもお供えします。
お供え物の置き方は、お神酒がある場合は神棚側の奥に一対並べるのが一般的です。
中央にはお米、手前右にお塩を左にお水を置きます。
榊は、枯れないうちに取り替えましょう。
注意したいのは、お仏壇ではごはん、神棚ではお米になりますので、お仏壇と神棚の両方ある方は、気をつけて下さい。

【神具】基本的な神具は、水玉(みずたま=お水入れ)、瓶子(へいし=お酒入れ)、平瓮(ひらか)(米、塩を盛る皿)、榊立て(生き生きとした榊を供えます)。
それと“ローソク立て”は、必要でしょう。

【御神札の納め方】神棚の種類によって、一社、三社、五社、七社というものがありますが、一般的なご家庭で使う一社、三社でご説明します。
三社の場合、正面中央が最上位、次いで向かって右、次いで左となります。
中央に伊勢神宮の御神札である神宮大麻(じんぐうたいま)を祀ります。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする伊勢神宮の御神札が、神宮大麻です。
右に氏神様(産土神)を祀ります。氏神様は、地元の神様です。
左に崇敬神社(地元ではないが、常々崇敬している他の神社)を祀ります。
神棚の扉は、通常は閉めておきますが、お正月やお祭り、家庭内のお祝い事などの時には、扉を開きます。

【神棚の交換時期】神棚を交換するのは、5年・10年・15年というような5年区切りか、何かお祝い事や、弔事が続いた場合などが多いです。
地域によっては、一年に一度新しく交換する場所もあるようです。
伊勢神宮と同じように、長くても20年に一度は新しくするのが好ましく、2代・3代と受け継いで祀るのは間違いです。

【喪中の場合の神棚】喪中の場合は、神棚に白い半紙を貼って49日、50日の忌明けまでは閉じられます。「神棚封じ」と言います。
忌明けを過ぎたら、以前と同様にお祈りを行っても大丈夫とされています。