わが家位牌物語8(お客様から頂いたエピソード)

祖父と祖母の位牌を作る

我が家は、祖父母と一緒に生活をしていたのですが、
二人ともとても仲が良くて、常に一緒に行動をしていた夫婦でした。
飲食店を二人で経営をしていて、24時間同じときを過ごしていたのですが、
祖母が病気で亡くなってしまたのです。
その時、祖父はとても落ち込んでしまって、
周囲もどうすればよいのかわからないくらいの落ち込みようで、
私自身も祖父をただ励ますことしかできませんでした。
祖母が亡くなって、しばらくすると位牌を作ることになったので、
父が知り合いの仏具店に依頼をして作成をしていただいたのです。
戒名を刻印していただいて、
宗派などに基づいたものを作成していただくことができたので、
とても立派な位牌を作ることができました。
数年後、今度は祖父が体調を壊してしまったのです。
祖父は病院にいるときも、祖母の写真を持っていくほど、
祖母が亡くなってしまっても
ずっと祖母のことを思っていたほどの方だったのです。
そして、祖父も亡くなってしまい、
葬儀が終了した後祖父の位牌を作ることになりました。
元々あった祖母の位牌と別に祖父の位牌を作ることを予定していたのです。
祖母と同じ位牌を作ってくださった仏具店に依頼をしたのですが、
店長さんのアドバイスによって、祖父と祖母の位牌を
同じ位牌にしてあげることを提案していただきました。
仏具店の店長さんは、祖父のことを良く知って下さっている方で、
生前の祖父がどれくらい祖母のことを思っていたのか
ということを感じていたそうです。
私達家族も、その店長さんのお話を聞いて、
改めて祖父の祖母への思いを実感することができたので、
二人別々の位牌を作るよりも、死後も一緒に寄り添っているかのように
一つの位牌に二人の戒名を刻印することにしました。
刻印方法も、様々な方法があるので、店長さんと相談をしたのです。
一般的には主流になっている方法は、機械彫りということですが、
こだわりをもって位牌を作りたいと思っていたので、
仏具店の店長さんの取引先の
ベテラン職人に手彫りをしていただくことができました。
完成した位牌も手彫りならではの良いものになっていてかなり、
すばらしい位牌を作っていただくことができたので、仏壇に配置しても、
まるで二人が見守っているかのような雰囲気を感じることができるのです。
位牌というのは、故人ずつに作成をすることもできるのですが、
長年連れ添った夫婦一緒に位牌を作るということも
可能だということを祖父母を通じて知ることができました。
私も、自分が亡くなってしまった時には、
大切な夫と一緒の位牌を作ることができると
とても素敵な夫婦の絆を感じられる位牌を作ることができるだと思います。
こだわりを見せることができる位牌のデザインや戒名などの刻印方法もあるので、
亡くなられた故人の思いを尊重することができるような位牌作成を検討すると、
より残された家族の深い思いを託した位牌を作っていくことができるでしょう。

仏縁堂オリジナル蒔絵位牌

モダン位牌銀水「蝶」モダン位牌銀水「梅」

特許庁意匠登録済み
登録番号:1450472

位牌
国産会津塗り位牌の案内

お位牌は国産の方は是非会津塗りをご利用ください。

ご相談・お問合わせ

お位牌、仏壇、仏具に関すること、分からないことございましたら、お気軽に問い合わせください
分かりやすくをお答えいたします。


主な宗派

各宗派についての説明ページ、各宗派の歴史、主張などよく分かります。
曹洞宗 真言宗 天台宗
臨済宗 日蓮宗 浄土宗
浄土真宗

関連サイト

仏壇仏具の仏縁堂
新狭山駅近く、仏縁堂の実店舗、商品現物の見学、ぜひお越しください。
仏壇知識ガイド
仏壇の解説、商品の紹介
仏像知識ガイド
仏像の解説、商品の紹介
位牌のことな仏壇屋仏縁堂
位牌、仏像を詳しく紹介するページ
仏壇・位牌・仏像専門店
ヤフーショッピング店
仏壇仏具の仏縁堂
楽天店