わが家位牌物語6(お客様から頂いたエピソード)

我が家の位牌のストーリー

我が家はとても古い家柄で、何代続いているかわからないほどです。
ある時私がまだ幼少の頃、父が何代続いているか調べて、
家系図を作ろうと言い出しました。
ちょっとした興味本位で始まったことなのですが、
それが実はとても大変なことでした。
我が家はお寺の檀家になっているので、そこにいけば檀家の名簿がもらえて、
それにより最初の起源が分かると思ったのです。
しかし、お寺は数十年前に火事にあっていて、
その時に我が家の檀家の名簿が焼けて
なくなってしまったことが分かりました。
我が家が何代続いているのかが分からなくなってしまって、
父はかなり落ち込んでいましたが、
その時位牌を調べれば分かるだろうとご住職から言われました。
それで、家にある位牌を全て調べてみようとしましたが、
古いものはあまりに古くて、
位牌自体が真っ黒で字がほとんど読めませんでした。
結局、父の思いつきで始まったこの行為は、お寺のご住職にもお願いして
古いものを含む全ての位牌を読んでもらうという
とても重労働な仕事になってしまいました。
結局、一番初めの位牌は江戸末期くらいに作られたことがわかりました。
でもその後、何かの本で読んだのですが、
そもそも庶民が位牌を作ることになったのは、江戸時代頃からだそうで、
結局、位牌によって我が家の最初の起源は分からなかったのです。
でも、江戸時代には我が家の先祖がいたということが分かって、
父は嬉しそうでした。
その後、大量に出て来た位牌の置き場がなくて、困っていたのですが、
ご住職のアイデアで、江戸時代から昭和初期までのかなり昔のご先祖の位牌を
1枚1枚小さなカード風の板に書き直して、
それを1つの大きな位牌の中に仕舞ってもらいました。
今もそれは仏壇に飾っているのですが、
毎年、お盆の前になると家族総出で位牌の掃除をすることになり、
それがとても大変なのです。
大きな位牌の中のカード式位牌も全て出して拭き掃除、
終わったら順番を間違えないように入れて戻さなければなりません。
小さい頃、とても面倒で難しい仕事だったので、
よく間違えて親や祖父母に怒られた記憶があります。
それだけでなく、昭和中期から現在までで単独での位牌の数も
ものすごく多く、それを掃除するだけでも数日掛かってしまうほどでした。
特に古い位牌などは、1日天日干しをしたりしていたので、
他の家からすれば変わった風景に写っていたかもしれません。
そろそろ、お寺と相談して昭和中期から末期頃の位牌も、
カード式にしてもらって大きな位牌の中に詰めようかという話も出ています。
そうすれば、少しは日頃の掃除や管理も楽になります。
今は私の親が中心となって位牌を守っていっていますが、
私の代になったらそれをちゃんと引き継げるのかは、少し不安です。
でも、父が調べてくれたように、
位牌で江戸時代までご先祖がいることが分かったのは、
とても誇らしいですし、いつか私も死んで位牌になったら、
私の子孫が私の位牌を拭いてくれるのかなと思うと、
自分もご先祖の位牌を大事にして、
子や孫の世代にそれを教えていきたいと思います。

仏縁堂オリジナル蒔絵位牌

モダン位牌銀水「蝶」モダン位牌銀水「梅」

特許庁意匠登録済み
登録番号:1450472

位牌
国産会津塗り位牌の案内

お位牌は国産の方は是非会津塗りをご利用ください。

ご相談・お問合わせ

お位牌、仏壇、仏具に関すること、分からないことございましたら、お気軽に問い合わせください
分かりやすくをお答えいたします。


主な宗派

各宗派についての説明ページ、各宗派の歴史、主張などよく分かります。
曹洞宗 真言宗 天台宗
臨済宗 日蓮宗 浄土宗
浄土真宗

関連サイト

仏壇仏具の仏縁堂
新狭山駅近く、仏縁堂の実店舗、商品現物の見学、ぜひお越しください。
仏壇知識ガイド
仏壇の解説、商品の紹介
仏像知識ガイド
仏像の解説、商品の紹介
位牌のことな仏壇屋仏縁堂
位牌、仏像を詳しく紹介するページ
仏壇・位牌・仏像専門店
ヤフーショッピング店
仏壇仏具の仏縁堂
楽天店