わが家位牌物語5(お客様から頂いたエピソード)

私に家における位牌にまつわるエピソードについて、書いてみますね

私の家の流派は浄土宗であり、位牌はいわゆる野位牌ではありません。
まず祖母の場合は内位牌であり、長い戒名をつけてもらって、
立派な漆塗りのものが仏壇にあります。
私は戒名の知識が無いので、どのような意味でつけたのかよく分かりませんが、
ただ名前の漢字が一文字入っており、
それで何時でも祖母のことを思い出すことができます。
祖父のほうは私が生まれる前に亡くなっているので、
生前の主ではまったくといっていいほどありませんが、
両親から聞いているやさしい性格と、
祖母と仲が良かったというエピソードから、
仏壇に二つ位牌が並んでいるのを見て、
仏様になってずっと仲が良いと思わせてくれます。
そして、他にもエピソードがあります。
それは、私の兄の奥さんが3つ子を産んだのですが、
三人目の赤ちゃんにうまく栄養が回っていなかったようで、
生まれてから3時間で亡くなってしまいました。
ただ、私も知識が無くて知らなかったのですが、
流産のように子供が生まれる前に亡くなってしまった場合とかは、
葬式を挙げたりする事も無いのですが、
3時間でも生まれてこの世にいた時間があった場合は、
しっかりと葬式をしたり戒名をつけたり、位牌を用意したりするんですよね。
姪もその例に漏れず、しっかりと葬式を挙げて、
戒名をつけて位牌があります。
これの場合は、兄夫婦は共働きで忙しいですし、
しっかりと面倒を見て欲しいというのもあり、寺位牌としました。
本山に預けて、安置してもらったのですが、
入って正面にある大きな仏像の裏に、
扉のようなものを開けて入れられるようになっており、
49日が終わったあとにそこに入れていました。
実はこのように祖母のレベルではなく、
姪というかなり近い血縁が亡くなり、
身近で色々と準備をしている兄を見て仏教だとは理解していましたが、
初めて浄土宗というのを知ったくらいだったので、
このように位牌を入れるとかの光景も、もちろん始めてみる事が出来ました。
人間は、死んでしまうと肉体は滅びますが、49日間はこの世にいるとか、
位牌を飾って個人を思い出したり、
生前の思い出が無い人に対して思いをはせるなど、
宗教の教えによって様々な概念を知ることが出来て、
いたずらに悲しむ事も無いなと思わされますね。
よくオリンピックの選手を応援している家族などの身内が、
亡くなった人の写真や位牌を持って晴れ姿を身に来たりしていますよね。
ああいった姿を見ると、やはり肉体はなくなっても、
魂はしっかりと見てくれているのだなと再認識させられます。
我が家でも、父が何かの機会で
祖父の位牌を持ってきているのを見た事がありますし、
祖母が祖父に守られたというエピソードがあり、
科学で割り切れないものって本当にこのように存在するんだなと思わされますね。
ちなみに、位牌には夫婦の戒名を併記したものも存在するようですね。
私自身、亡くなる時には、
祖母と祖父にも負けないくらい今の妻と仲良くしたいので、
そのような形にしたいものです。

仏縁堂オリジナル蒔絵位牌

モダン位牌銀水「蝶」モダン位牌銀水「梅」

特許庁意匠登録済み
登録番号:1450472

位牌
国産会津塗り位牌の案内

お位牌は国産の方は是非会津塗りをご利用ください。

ご相談・お問合わせ

お位牌、仏壇、仏具に関すること、分からないことございましたら、お気軽に問い合わせください
分かりやすくをお答えいたします。


主な宗派

各宗派についての説明ページ、各宗派の歴史、主張などよく分かります。
曹洞宗 真言宗 天台宗
臨済宗 日蓮宗 浄土宗
浄土真宗

関連サイト

仏壇仏具の仏縁堂
新狭山駅近く、仏縁堂の実店舗、商品現物の見学、ぜひお越しください。
仏壇知識ガイド
仏壇の解説、商品の紹介
仏像知識ガイド
仏像の解説、商品の紹介
位牌のことな仏壇屋仏縁堂
位牌、仏像を詳しく紹介するページ
仏壇・位牌・仏像専門店
ヤフーショッピング店
仏壇仏具の仏縁堂
楽天店