わが家位牌物語3(お客様から頂いたエピソード)

宗教とお位牌の関係。私の考え方。

私たちの生活を見守ってくれているご先祖様が安置されている場所。
それはお仏壇ですね。
そのお仏壇の中に神々しく鎮座しているお位牌。
肉体を持たないご先祖様の魂が込められていると言われているお位牌ですが、
そのお位牌を巡って我が家ではかつて
ちょっとした騒動が起きたことがあります。
それでは、そのお位牌を巡る騒動についてお話させて頂くことにしましょう。
海外の方々から見た私たち日本人は、
「宗教を持たない民族」として認識される場合が多いのだそうです。
かつて私には、アメリカ人の友人が数人いました。
彼らは例外なくキリスト教徒でしたが、
その友人の一人にこんな質問をされたことがあります。
「あなたの宗教は何ですか?」と。
正直、この質問には面喰ってしまいました。
なぜなら、私が生まれ育った家庭では
「うちは○○宗派」というものが確立されていなかったからなんですね。
特にどこかのお寺の檀家というわけでもなく、
墓地も「宗派はどこでも受け入れます」といった具合だったため、
宗派を意識することはまずありませんでした。
そこで私が出したアメリカ人の友人に対する答えは、
「日本には様々な宗教が存在していますが、
私は特にこだわりを持っていません。
ですが、供養を行って頂く僧侶の力をお借りして、
お位牌というものにご先祖の魂を入れて頂き、私たちはそのお位牌に向かって
日々挨拶を行っているんですよ。」というものでした。
そして、その友人の反応はと言うと・・・驚きました。
実はキリスト教徒の方の中にもお位牌(のようなもの)を
持つ方がいらっしゃるのだそうです。
それをよく知っていた友人は、
私がお位牌に向かって手を合わせるシーンを想像したのでしょう
自分が聖母マリア様の像に向かってお祈りをするのと
同じという解釈をしたのです。
さて話が随分脱線してしまいましたが、
お位牌を巡る騒動についての本題に入らせて頂きましょう。
かつて私は、宗教家である夫とともに生活をしていました。
結婚当初、私がご先祖様のお位牌とともに持参したお仏壇と、
夫の宗教のご神体が祭られているお仏壇の2つのお仏壇が
家の中に存在していました。
夫の宗教では、ご先祖様のお位牌の存在はありません。
ところが年月の経過とともに、双方のお仏壇の老朽化が目立ち、
新たなお仏壇を購入することになりました。
そこで持ちあがった騒動とは?
もうお分かりですよね?
お位牌を持たない夫の宗教の考え方と、
お位牌をお祀りしたい私の考え方が真っ向から衝突し、
話し合いの結果、私のご先祖様のお位牌はお仏壇の隅の
殆ど目につかない場所へ安置されることになりました。
さらに年月が経過し、諸事情により夫との離婚という道を選んだ私。
ここで誤解のなきようお話をしておきますが、
お位牌云々が直接の離婚原因となったわけではありません。
ですが、私は今・・・離婚後に購入したお仏壇に
ご先祖様のお位牌をお祀りし、供養を続けています。
今まで隅の方に追いやってしまってすみませんでした、という思いとともに。
宗教やお位牌に関する考え方や意見は人それぞれでしょう。
ですが私の場合に於いては、お位牌は
「自分の目の見えるところで見守ってくれているご先祖様」の姿に他なりません。
以上、私のお位牌に関する考え方とお位牌のあり方についての意見、
そしてお位牌を巡る騒動の体験をお話させて頂きました。

仏縁堂オリジナル蒔絵位牌

モダン位牌銀水「蝶」モダン位牌銀水「梅」

特許庁意匠登録済み
登録番号:1450472

位牌
国産会津塗り位牌の案内

お位牌は国産の方は是非会津塗りをご利用ください。

ご相談・お問合わせ

お位牌、仏壇、仏具に関すること、分からないことございましたら、お気軽に問い合わせください
分かりやすくをお答えいたします。


主な宗派

各宗派についての説明ページ、各宗派の歴史、主張などよく分かります。
曹洞宗 真言宗 天台宗
臨済宗 日蓮宗 浄土宗
浄土真宗

関連サイト

仏壇仏具の仏縁堂
新狭山駅近く、仏縁堂の実店舗、商品現物の見学、ぜひお越しください。
仏壇知識ガイド
仏壇の解説、商品の紹介
仏像知識ガイド
仏像の解説、商品の紹介
位牌のことな仏壇屋仏縁堂
位牌、仏像を詳しく紹介するページ
仏壇・位牌・仏像専門店
ヤフーショッピング店
仏壇仏具の仏縁堂
楽天店