わが家位牌物語2(お客様から頂いたエピソード)

我が家のご位牌に孫娘が語りかけています

我が家に起こった不思議な出来事のお話、実話です。
それは今年3月の土曜日の夕食前。
妻59歳、孫娘4歳の2人が同時に体験したことです。
いつものように孫娘が遊びに来ていて、
その日は室内の鬼ごっこでした。
その仏壇が置いてある部屋は、居間のとなりにあるのですが、
突然「リーン」と高い音が聞こえたのです。
すぐに居間を出て「おリンを遊びで鳴らしたらいかんよ。」
と注意しようとしました。
ところが、12畳部屋の端にある仏壇の前でなく、
反対の端っこで妻と孫がポカンとして座っています。
かなり離れているのです。
「どうしたの。」と聞くと、
妻が「おリンが勝手に鳴ったの。」と言います。
うそをついている様子ではなく、また怖いというのでなく、
ただ何が起こったのかわからないようです。
「○○ちゃんがよく拝んでくれるからひいおじいちゃんが喜んで
ご褒美に鬼ごっこに参加したんだよ。」と孫に言い聞かせました。
そう、一番新しくて中央にある位牌は私の父のものです。
さて、孫に「ご褒美」と言ったのもそれだけの理由があります。
孫はわれわれの真似をして来るたびに毎回、
仏壇の前に座って手を合わせていました。
お供えを飾るのも積極的です。
だから、○○居士と書いてある我が家のご位牌も
「なんて書いてあるの。」と興味津々でした。
また、「ママのパパがおじいちゃんで、おじいちゃんのパパが○○さん。」
など、家系をたどって聞かせるのです。
先祖を大事にしているような話し方をされるのはうれしいものです。
私が死んでも大事に拝んでもらえそうだなんて思ったりします。
「たぶん夫婦のうち私のほうが仏壇に並ぶ5つ目の位牌になるんではないかな。」
と妻に語ったりもしていました。
と言っても、そんなに信心深いとは言えない私たち夫婦と娘なのに、
孫だけはよく仏間で遊んでいます。
広い部屋ということもありますが、
並ぶご位牌を友達の数に入れているのかもしれません。
位牌の1つがひとりの人格と認めているのでしょう。
それは一人っ子である孫娘にとって社会的な勉強にもなっているのだと思います。
いつまで押し付けでなく仏壇前に座ってもらえるかなと少しハラハラもします。
できるならば孫が結婚するまで生きたいと思うのですが
男性平均寿命を越すので、私としては父と同じようにあの世からリンを鳴らすなど
何か意思表示でもしようかなと考えたりします。
それにしても不思議なことでした。
常識的に考えて、天井から虫か木くずでも落ちて鳴ったのかと思い、
念のためすぐに妻と二人して目で見たのですがわかりませんでした。
その時、違う階に居た母にも娘夫婦にも言わないことにしたのは、
信じてもらえないと思ったからです。
孫娘にもしっかり口止めして、このことは3人だけの秘密にしました。
どうやら知られていないようです。
もちろん、信じてもらえるならば知られても良いのですが、
うそつきと思われてもいけません。
そして現在も孫娘は、相変わらず遊びに来ると一番に仏壇前に座っては、
ご位牌に語りかけています。

仏縁堂オリジナル蒔絵位牌

モダン位牌銀水「蝶」モダン位牌銀水「梅」

特許庁意匠登録済み
登録番号:1450472

位牌
国産会津塗り位牌の案内

お位牌は国産の方は是非会津塗りをご利用ください。

ご相談・お問合わせ

お位牌、仏壇、仏具に関すること、分からないことございましたら、お気軽に問い合わせください
分かりやすくをお答えいたします。


主な宗派

各宗派についての説明ページ、各宗派の歴史、主張などよく分かります。
曹洞宗 真言宗 天台宗
臨済宗 日蓮宗 浄土宗
浄土真宗

関連サイト

仏壇仏具の仏縁堂
新狭山駅近く、仏縁堂の実店舗、商品現物の見学、ぜひお越しください。
仏壇知識ガイド
仏壇の解説、商品の紹介
仏像知識ガイド
仏像の解説、商品の紹介
位牌のことな仏壇屋仏縁堂
位牌、仏像を詳しく紹介するページ
仏壇・位牌・仏像専門店
ヤフーショッピング店
仏壇仏具の仏縁堂
楽天店